青梅の矯正はファミリー歯科医院へ
HOME>不正咬合の種類

不正咬合の種類

不正咬合(ふせいこうごう)とは
「悪い歯並びと悪い噛み合わせ」を総称して不正咬合(ふせいこうごう)といいます。
日本では「八重歯はかわいい」という声をよく耳にしますが、実は立派な不正咬合のひとつで、世界的にはあまり好まれないのが現状です。不正咬合は見た目の悪さだけでなく、上下の歯が本来の位置でしっかり噛めていないことが最大の問題です。
不正咬合の状態や程度は人によってさまざまです。ここでは、代表的な種類を挙げてみました。
あなたの歯並びは?
あなたの歯並びはどの不正咬合に近いですか?

叢生叢生
別名、乱ぐい歯。
歯がデコボコで連続的に並んでいない状態。
八重歯も叢生の一種です。

上顎前突2.上顎前突(出歯)
上の前歯や上あごが前へ突き出ている状態。
口元の突出感があり、唇が閉じにくいこともあります。

下顎前突3.下顎前突(受け口、反対咬合)
下の前歯や下あごが前に出ている状態で、前歯が反対に咬み合っています。下あごの突出感があります。

過蓋咬合4.過蓋咬合(かがいこうごう)
上の前歯が下の前歯に深くかぶさっている状態。
下の前歯が上の前歯に隠れて見えないこともあります。

5.開咬(かいこう)5.開咬(かいこう)
奥歯をしっかり咬んだときに、上と下の前歯が咬み合わず、すき間ができてしまう状態。
上下のすき間から舌が見えています。

矯正歯科治療はこれらの不正咬合を改善して、しっかり咬める美しい歯並びを再構築します。